3Dリンターの使用用途|消耗品のコスト削減方法とは?ラミネート機器やトナーを上手く使おう

3Dリンターの使用用途

3Dプリンター

すぐに業務用3Dプリンターを選ばないようにする

3Dプリンターは、高機能のものを買えばよいというわけではありません。自社の必要な機能がなければ購入した意味がなくなってしまうので注意が必要です。業務で使用するからと言ってすぐに業務用3Dプリンターを選ぶのではなく、造形する方法や使用できる材質で3dプリンターを選ぶようにしましょう。

3Dプリンターの造形方法

3Dプリンターには5つの造形方法があります。その中で多く使用されているのがプラスチック樹脂を使用できる「熱溶解積層方式」です。こちらはほんの少し造形の際に誤差が生じる場合があるので、1~2ミリほどの造形には向いてはいませんが、造形したものを手で持った際の感触や持ちやすさなどを検証する際に役立てることができます。

広告募集中