3dプリンターの仕組み|消耗品のコスト削減方法とは?ラミネート機器やトナーを上手く使おう

3dプリンターについて

3dプリンターは、写真などをプリントする通常のプリンターとは異なり、コンピュータなどで作成した図形をそのままの形で作り出すことのできるプリンターです。3dプリンターで使用できる素材にはさまざまなものがあります。その素材をリスト形式でご紹介します.

3dプリンターで使用することのできる素材

  • 繊細な表現が可能なアクリル樹脂
  • 複雑な形を作ることのできる石膏
  • 耐久性に優れたABS・PLA樹脂
  • 素早く作成することのできるPPライク樹脂
  • 安価で耐久性のあるナイロン樹脂
  • 樹脂製品で1番柔らかい素材のゴムライク樹脂
  • 繊細な金属パーツが必要な際に活躍するワックス樹脂
  • コスト削減に役立つ金属
  • 色つけのしやすい紙
  • 木の質感を表現できるウッドライク樹脂

3dプリンターの仕組み

3Dプリンター

3dプリンターの仕組みを理解しよう

3dプリンターは、さまざまな素材を使用して立体的に物を作成することができるプリンターですが、この素材を下の層から積み上げていくことで形を作っていくという仕組みになっています。それにより、物体の中身の細かい部分までしっかりとプリントすることができるのです。

どんなものでも作成できる3dプリンター

3dプリンターではどんなものでも作成することができるといわれています。家庭でも使用することのできるようになった3dプリンターですが、家庭以外でも多くの企業で活躍しています。

医学で活躍している

3dプリンターは、さまざまなものを作ることができますが、細かい作業の必要な医学でも、人工器官などを作ることができるということで活躍しています。また、人の体の内部も細かく再現できることから、医師同士での会議で使用したり、患者に細かく身体の状態を説明したりする際にも役立てることが可能ということで注目を集めています。

3dプリンターを選ぶ場合は

3dプリンターの機能はどんどん成長し、メーカーによってさまざまな種類のものが発売されています。しかし、作れるサイズが大きければなんでも作れるという考えではなく、自社に必要なものを購入しなければ幅を取ってしまったり、使いたい素材のものが使えないという場合もあるので計画を立ててから3dプリンターを選ぶ必要があります。

広告募集中