ラミネーターの選び方|消耗品のコスト削減方法とは?ラミネート機器やトナーを上手く使おう

ラミネーターの選び方

ラミネーター

ラミネーター選びで注目すべきポイント

ラミネーターを選ぶ際にまず注目するポイントは、加工サイズです。カードサイズに対応しているものや、ハガキサイズ、A3サイズに対応しているものまでさまざまです。

大きいサイズのラミネーターを選ぶ

名刺などのカードサイズのものをラミネートする際はカードサイズのものを購入しても良いと思いますが、A3サイズの大きなものを購入することで一度にたくさん名刺にラミネート加工ができます。そのため、大きいサイズのものを選ぶ方も多くいます。

フィルムの厚さにも注目する

ラミネーターを選ぶ際は加工する際に使用するフィルムの厚さにも注目しましょう。ラミネートのフィルムが厚ければ厚いほど熱を通しにくくなります。熱を通しにくくなるとラミネーターに通らなかったり、通ったとしても白っぽく仕上がってしまう可能性もあるので、使用するフィルムの厚さも必要な分の厚さになるように考えて購入することをおすすめします。

使用できるフィルムの厚さを調べる

ラミネーターで使用するフィルムを購入する際は、きちんとそのラミネーターが対応できるフィルムの厚さを事前に調べておきましょう。決まっている厚さ以下なら白っぽくなったりすることなくラミネート加工ができますが、少し厚みのある紙やでこぼこしたものを挟む場合は基準値より薄いフィルムを選ぶようにしましょう。

ラミネーターのローラー数での仕上がりを比較

2本ローラー

上下で2本のローラーがあるタイプのラミネーターは、フィルムを温めることのできるローラーのみを使用しているものです。このローラーのみで熱を加え、フィルムを滑らすので、大きいサイズのものをラミネート加工する場合は、少々反りが目立ってしまう可能性もあります。カードサイズなどの小さいサイズにおすすめのタイプです。

4本ローラー

4本ローラーは、フィルムを温めるローラーの他に、フィルムを引っ張る役割のあるローラーが付いたものがあります。大きいサイズのものをラミネートする際に反りを抑えることができます。安定性に優れているため、よりきれいな仕上がりを期待することができます。

広告募集中