消耗品にかかるコストを抑えるコツ

  • 失敗や印刷ミスを無くすよう心がける
  • 1人1人が消耗品の費用に対する意識を高める
  • 備品の購入方法を一元化する
  • 消耗品コストの収支簿をつける
  • 消耗品の激安情報に注目しておく

新着情報

消耗品のコストを抑えよう

複合機

印刷を行う際に使用する紙

印刷を行う場合、決められた種類のコピー用紙を使用しなければならないことが多いですが、トナーを使用する場合は紙を選ばずに印刷することが可能です。トナーを選ぶことでも消耗品である用紙にかけるコストを抑えることができます。

印刷時間を短縮する

多くの企業がトナーを取り入れていますが、その理由の一つに印刷の速さがあります。会議用にたくさんの資料を印刷したりする場合に非常に役に立ちます。写真や絵などの繊細なものを印刷する場合はインクをおすすめしますが、短時間で大量の資料を印刷しなくてはならない方にはトナーをおすすめします。

トナーを買い換える際の注意点

トナーは、プリンターのメーカーに合わせた純正品でなくても使用することができますが、純正品でない場合やリサイクル品の場合は正常に機能しない場合もあるので注意が必要です。また、メーカーの純正品なら保証もついている場合が多いので、トナーを選ぶ際は純正品のものを選ぶようにしましょう。

コニカミノルタのトナー

コニカミノルタには、プリンターで使用することのできるさまざまな種類のトナーが充実しています。プリンターにはトナーかインクが必要ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。その違いについて比較してみましょう。

プリンターに使用するトナーとインクの違い

トナー

トナーとは、粉状のインクです。このインクを静電気や熱を利用して紙にくっつけることで印刷することができます。主にレーザープリンターや印刷機などで使用されるものです。色がにじまず、通常の用紙でもカラーの印刷を行うことが可能です。印刷スピードも早いため、大量の文書の作成や図面を作成する場合に向いています。

インク

インクはインクジェットプリンターで使用するもので、インクに熱を加えたり圧力をかけることで紙に印刷することができます。インクは色の幅が広く、写真などの高画質に仕上げたいものに向いています。

[PR]

コニカミノルタのトナーを注文
気軽にネットで注文できる 優良3dプリンターの見極め方
造形方式や材質をチェック! ビジネスフォンをリースで導入☆
条件に合った契約プランが見つかる♪ 家庭用3Dプリンターを販売中!
気軽にモノづくりを楽しもう☆

[PR]

広告募集中